Grace&Lucere クレンジングオイル



日頃のスキンケアの中で、一番、肌に負担をかけてしまうのがクレンジングです。

ただでさえ、最近のお化粧品は、ウォータープルーフ、UVケア、マスカラ、落ちないルージュなど、日中はよいのですが、夜、家に帰って、いざ落とそうとすると、なかなか落とすのに苦労するものばかり。

基本的に、これらのお化粧品は「油分」なので、当然、水では落ちません。

油汚れを落とすときに使う洗剤に、油と水をなじませるための「界面活性剤」が含まれているのはご存知かと思いますが、メイクを落とすクレンジング料にも、この「界面活性剤」が含まれているんです。

この「界面活性剤」が、お肌に負担をかけてしまうというのが、クレンジングが一番、肌に負担をかけてしまうという理由です。

だから、美肌を保つには、クレンジングはできるだけ手早く済ませてしまうのが鉄則で、30~40秒でササッとクレンジング料をなじませて、20~30秒ですぐに洗い流す。これが理想のクレンジングです。

一般のクレンジング料には、ほとんど界面活性剤が含まれてるので、たしかに長い間、お肌につけておきたくないですし、それでゴシゴシこするなんてもってのほかなのは言うまでもないでしょう。

ただ、そうは言っても、なかなか最近のメイクは落ちにくいので、どうしても洗浄力の高いクレンジングを求めてしまいます。

でも、洗浄力が高いということは、それだけお肌には負担がかかるし・・・

そんな中、「Grace&Lucere クレンジングオイル」が界面活性剤を使っていないクレンジングということで話題を集めています。

この「Grace&Lucere(グレースアンドルケレ)」シリーズでは、他にも、楽天ランキング77週1位受賞した「ピーリングジェル」も人気を集めていますが、どちらも、しっかりとお肌のことを考えて作られた理にかなった商品であるからこそ売れているのだと思います。

クレンジングもピーリングも間違った方法で取り組んでしまうと、かえってお肌を傷つけてしまうので、商品選びを行なう際も、できるだけお肌にやさしいものを選ぶとよいでしょう。




女弁護士